sekakotoの誰☆得ブログ♪

主にイベント関連の日記をUPしていきます♪

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

イベント「ヤングアニマル20祭」


8月25日26日にベルサール秋葉原で行われた「ヤングアニマル20祭」

(詳細は特設ホームから→http://www.younganimal.com/ya20th/index.html

最近はあまり読まなくなってしまったが、ヤングアニマルはsekakotoにとってジャンプやマガジンよりも良く買って読んでいた雑誌だったので、26日(日曜日)のイベントに参加してきた。


まず、ベルサーユ秋葉原1Fでは特設ステージ、物販、作者の色紙イラスト、巻頭グラビアのサイン色紙などの展示。

B1では500円でヤングアニマル作家の原画展示会を見る事が出来る。


一部だが色紙イラストの紹介。


克・亜樹 先生

DSC_0028.jpg

※日本にいる思春期の男子が一度は通る道(?)、「ふたりエッチ」
最近では単行本が白い表紙に変わりだいぶ他の本に溶け込んでいるが、自分が中学の頃は真っ黄色の単行本で、レジに持っていくと遠目からでも確実にバレる品物だった為、読みたいけど怖くて買えないという葛藤にあった同志も多いのでは無いだろうか?

それにしても、いずれ訪れるであろう「ふたりエッチ」の最終回がどうなるのか気になる(´・ω・`)
自分の予想では「優良さんと真に子供が出来て、生まれてくる所で終わる」のか、もう少し伸ばして「子育てに奮闘する優良さんと真まで描いて、孫が出来たあたりで『こうして受け継がれていく』」的な話で終わるのか・・・

これからのストーリー展開に期待しております、克・亜樹先生(`・ω・´)




甘詰留太 先生

DSC_0029.jpg


※今の連載は「ナナとカオル」だが、自分が読んでた頃は「年上の彼女(ヒト)」や「二代目はこすぷれいやー」だった。
どちらも連載途中から雑誌を買い始めたので、あまりストーリー自体は覚えていないが一番後回しにして読んでいた事だけは覚えている。
「ナナとカオル」が始まったあたりから、徐々にアニマルを読まなくなってきてしまったので、結局どの作品もあまり詳しくは無い・・・w




羽海野チカ 先生

DSC_0023.jpg

※ちょっとエッチな作品が多いアニマルの中で「将棋(棋士)」が主人公の「3月のライオン」

sekakotoはあまり読んでいなかったが、今回イベントに参加して分かった事は・・・この作者さんは断トツで女性ファンが多い事。
物販においても原画展においても、この人のコーナーは女性ファンで溢れていた。

単行本を読む機会があれば読んでみたいが、買う予定は無いので一生読む機会は無いかもしれない・・・w




西川秀明 先生

DSC_0024.jpg

※エロさとグロテスクさを備えた職業殺し屋。
リスクの高い殺人をどれだけ安い金額で実行するかを楽しむ「異常な世界」で生きる主人公と、その仲間によるストーリーの為、賛否両論になる可能性が高いが、自分にとってはかなり面白い作品であった。

ふたりエッチでは満足できなくなったサディストオススメのこの作品。




萩尾ノブト 先生

DSC_0025.jpg

※エロとギャグのバランスが好きだった「ユリア100式」の作者(作画)さん。
今の作品「とりしまっていこー!」については読んだ事ないので分からないが、クスリと笑える下ネタが健在であると嬉しい。




若杉公徳先生

DSC_0026.jpg

※「DMC(デトロイト・メタル・シティ)」の作者さん。
今連載中の「KAPPEI」も硬派な主人公が下心に振り回されるさまと、エロ師匠の教えが面白いw
またアニメ化したら、是非視聴したい作品。




森 恒ニ 先生

DSC_0017.jpg

※「ホーリーランド」の作者さん。
ストーリーも面白いのだが、時々入る作者の解説「私がナイフを持った犯人と対峙した時の話だが・・・(ry」など、「この人、何者っ!?」と思わせる体験談も見所。
「自殺島」も無人島に流された時に読んでおきたい作品。(そんな機会、あるだろうか?)




川下寛次 先生

DSC_0021.jpg

※私が初めて読んだ作品は「杏子ボンバイエ!!」
「当て屋の椿」も発売されている分は全巻読んでいるが、今回の原画展で出されてた原画では彩色が一番綺麗だった気がする。
ミステリーが好きなら「当て屋の椿」がおススメ




ももせたまみ 先生

DSC_0016.jpg

※「せんせいのお時間」の作者さん。
「ももいろスウィーティー」は何度か見たことあるが、詳しくは知らない。
今積んでる漫画を消化したら、100円で「せんせいのお時間」から買う予定。





水無月すう 先生

DSC_0015.jpg

※「そらのおとしもの」の作者さん。
可愛いキャラクターが好き。(特にニンフ)
だが、この作品については見た事無いので、省略。




まつもと剛志 先生

DSC_0013.jpg

※見た事はあるのだけど・・・特に思い出せないので省略。




重野なおき 先生

DSC_0012.jpg

※「のの美捜査中!」の作者。
sekakotoが4コマ漫画の中で一番好きな作者さん。
わかりやすい設定に明快なオチ、頭をからっぽにしても楽しめる作品。
「信長の忍び」も面白いのでおススメ。

sekakotoの一番のおススメは「うちの大家族」→「信長の忍び」→「Good Morning ティーチャー」→「のの美捜査中!」→「ひまじん」





文月 晃 先生

DSC_0022.jpg

※「藍より青し」の作者さん。
「藍より青し」は漫画の中で一番好きな作品。
中でもヒロイン桜庭葵がお気に入り。

今回、サイン会が開催されることを知らず、酷く後悔したので次の機会があったら絶対に参加したいっ!

文月晃先生っ、「海の御崎」も応援しておりますっ!く(`・ω・´)




物販


今回買ったのは、クリアファイル3点と複製原画1点


ふたりエッチ」「海の御崎」「アマガミ」のクリアファイル(各500円)↓

(表)
DSC_0030.jpg

(裏)
DSC_0031.jpg


海の御崎 複製原画」(2000円)↓
DSC_0032.jpg



ー感想ー

このイベントに参加して、今まで面白かった作品の作者は残っており、新たに連載を始めた人も他の雑誌の有名どころの人が多いのでまたヤングアニマルを買ってみたくなったw



スポンサーサイト

| イベント | 01:04 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://sekakoto.blog10.fc2.com/tb.php/160-da9f1905

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。