sekakotoの誰☆得ブログ♪

主にイベント関連の日記をUPしていきます♪

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

冬だけどフリーホラーゲームやってみる。その1

今年も残すところあとわずか。

お出かけするにも外は寒いし・・・

フリーホラーゲームをお部屋の中で楽しもうっ!!(提案)


今回、sekakotoがプレイしたのはニコニコ動画でも人気のフリーホラーゲーム7作


「明美譚」
http://freegame.on.arena.ne.jp/adventure2/game_1695.html
「青鬼」
http://mygames888.info/aooni.html
「Ib(イヴ)」
http://kouri.kuchinawa.com/game_01.html

ー今回はここまでー

「オニアソビ」
http://www.freem.ne.jp/win/game/3453
「マッドファーザー」
http://novice2.web.fc2.com/game/mad/index.html
「魔女の家」
http://www.geocities.jp/majono_ie/index.html
「操」
http://freegame.on.arena.ne.jp/adventure/game_1037.html



(ノ゚ω゚)ノ<ねぇ・・・私達、友達だって言ってくれたよね。だ・か・ら、一緒に死n(ry


プレイ感想はこちらから↓(※グロ、ホラーな内容を見たくない人の為に今回は追記欄を使いました。)


その1

「明美譚」
http://freegame.on.arena.ne.jp/adventure2/game_1695.html

akemitann.jpg

ホラー:かなり怖い。
謎解き:簡単。(若干、フラグは建て辛い。)
イラスト:綺麗とは言えないが、逆にそれが怖い。
ストーリー:終始ホラー的展開。プレイ終了後、公式サイトにて裏設定を見ることを推奨。


※感想

7作品の中でも1番怖かったのが「明美譚」である。
謎解き要素は少ないので、初見でも公式サイトのお世話にならないでクリアする事は出来るが、演出が異様に怖い。

この世のモノとは思えないバケモノに追われる恐怖。

まさに身の毛もよだつホラーを味わいたい方にオススメの作品。

ネタバレを含む感想、攻略点など。(色を反転すれば読めます。)

エンディング数は2個

セーブ地点が常に動き続けているので、セーブし辛い。
即死トラップは少ないが、敵に捕まると即ゲームオーバーなのでこまめにセーブを取るようにしよう。


1つ1つのフラグ建てを手順どうり完璧に行っていないと、ストーリーが進まないのが残念。
2週目は勝手にトゥルーエンドに行くので、1度解いた仕掛けはもう少し簡略化しても良かったのでは無いだろうか。


これからやる人の為のアドバイス

物語の中盤、逃げながら5回油をかけて赤い人形を燃やさなければならないのだが、速度の違う木偶4体に追われながら油をかけて回るのはなかなか難しい。

攻略法としては、赤い人形と反対側の部屋の隅っこで敵を引きつけて8の字を描くように油をかけて逃げ回ると敵に囲まれづらいので楽。
http://blog-imgs-56.fc2.com/s/e/k/sekakoto/abura.jpg


その2

「青鬼」
http://mygames888.info/aooni.html

青鬼


ホラー要素:それなりに怖い。(気づくと後ろに居たり、急に現れたりする恐怖)
謎解き:初見だと難しい。(脱出ゲーム的な要素あり)
イラスト:普通。
ストーリー:終始追われ続ける。

※感想

今や定番ホラーとなりつつある青鬼。
バージョンアップの毎に、仕掛けが変わったりと進化し続ける点が素晴らしい所。
脱出ゲームとしてプレイするもよし、ホラーゲームとしてプレイするも良し。

画面に集中しているそこのアナタ。後ろに青い影が潜んで居ませんか?


ネタバレを含む感想、攻略など。(色を反転すれば読めます。)

エンディング数は1つ
ただし、バージョンによって仕掛けの変更はあり。


青鬼、こいつら頭良いぞ?

急に出てきて襲ってくる青鬼だが、プレイヤーを最短距離で追ってくる為に行き止まりだとほぼ回避不可能。
まずは家の構造と部屋の配置を覚えよう。無理にタンスに逃げ込まなくてもマップが広い為、べつのエリアに逃げている内に回避できる。一度使ったタンスや牢屋だと扉を閉めても開けて追ってくる。


仕掛けで悩んでいる内に青鬼とエンカウント

屋敷には様々な仕掛けがあるわけだが、仕掛けを解く為に移動したり、解いた瞬間に背後に立たれていたりと、急に襲われる事が多い。方向キーから指を放してメモを眺めていると急に青鬼が降ってきたりするので、常に目を離さないようにしておこう。



ここで苦労したという点。

ver.6.23において別館地下で本の間に挟まったカラーのしおりを手に入れた後、この扉の前で積んだ・・・w
http://blog-imgs-56.fc2.com/s/e/k/sekakoto/201212260401237cf.jpg

暗証番号入力ボタンの下にあるネジを回して、しおりを挿入すると答えが出てくるのだが、ネジが小さすぎて見逃すと一生先に進めなくなる。1時間ぐらい迷った挙句、攻略サイトさんのお世話になりました・・・w



その3

「Ib(イヴ)」
http://kouri.kuchinawa.com/game_01.html

イブ


ホラー要素:ちょい怖い。(不気味な怖さ)
謎解き:普通(探索してるうちに解ける物が多い)
イラスト:なかなか可愛い。(油絵のようなタッチ)
ストーリー:絵の中の不思議な世界に迷い込む。


※感想

今でもニコニコ動画で人気の「Ib」
いろいろな実況者が動画を上げているので、知っている人も多いかも知れない。

エンディング数も多く、難易度もそんなに高くないので初めてホラーゲームをやる人にオススメ
フルサイズの表示もできるので大きな画面で遊びやすい。


ネタバレを含む感想、攻略。(反転させると読めます。)

エンディング数は5個
持っているアイテムによってセリフが変わったりするので、何パターンか存在する。


フラグ回収が意外に難しいよ。

トゥルーエンドに行く為には特定の場所で何度も会話してキャラの好感度を上げたり、初見では難しい制限時間付の仕掛けをクリアしなければならなかったりと、1回目でトゥルーに行くのは難しい。

また、フラグが物語全般に広がっているので、後半の選択肢だけではすべてのエンディングを見る事は出来ない為、何度か最初からやり直してプレイする必要があるので、時間はかかる。


体力の回復は慎重に。

ヒロインは5回攻撃を受けると倒れてしまう。しかも、エリアごとに一度使うと使用不可能になる回復装置が多いので、場所によっては体力が少なすぎるとかなり難易度が上がる。
セーブのタイミングと体力回復には気を付けた方が無難。



ここが苦労した点

物語後半、メアリーにおもちゃ箱に落とされ、ルートによってはイブの薔薇の残機が1になってしまう。
素早く動く敵だらけのおもちゃ箱の中をゴールまで向かわないといけない訳だが、これが地味に難しい。
一度でもぶつかるとゲームオーバーな上に、再度その前半のイベントからまた見せられるので、時間もかかるIbの中ではイライラシーンである。

http://blog-imgs-56.fc2.com/s/e/k/sekakoto/20121226045940f72.jpg



今回はここで終了。

仕掛けの充実した「青鬼」もオススメだが、ストーリーも楽しめる「Ib」がこの中ではsekakotoのおススメできる作品である。

あとは操作に慣れたら「明美譚」をやるとこの2つとは違った恐怖を味わう事が出来る。


スポンサーサイト

| ゲーム | 05:16 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://sekakoto.blog10.fc2.com/tb.php/170-2bd6e7c1

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。