sekakotoの誰☆得ブログ♪

主にイベント関連の日記をUPしていきます♪

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

龍が如く5 (亜門/雷電/究極格闘)


龍が如く5 夢、叶えし者



総プレイ時間:181時間

~クリアした項目~

・本編(HARD)
・全サブストーリー
・全アナザーストーリー
・全街歩き(福引、コインロッカー等)
・全修行(師匠、IF8)
・闘技場(ビクトリーロード優勝)
・闘技場(桐生のみ制覇)
・名古屋コーチンカップ(横綱級)


龍が如くは1~5までと、of the endをプレイ済み。

初代2005年
kiryuu.jpg
二代目2006年
kiryuu2.jpg


龍が如く5では、本編とは別の楽しみとして「桐生サブストーリー:亜門」/「ビクトリーロード:雷電」/「ULTIMATE BATTLES」など、本編の難易度に飽きた人向けの強敵とのバトルが用意されている。


どれも一筋縄では敵わない強敵ばかりだが、これからプレイする人やこれらのイベントで積んでる人へ少しでも参考になればと自分の体験をもとに亜門/雷電/究極格闘の攻略法を書いて行く。


「桐生サブストーリー:亜門」


全主人公のサブストーリーをすべてクリアすると現れる、龍が如くシリーズ恒例の真のラスボス亜門一族。

亜門一也、亜門次朗、亜門三吾、亜門丈 (↓画像はネットで拾った奴だから4かも。)

amonn.jpg


バトル1 亜門一也 vs 秋山俊


秋山基本データ:レベル20くらい 酔い状態

タツヤ:グルメキング習得、体力ゲージを2週目までしっかり上げておく。
役に立つ技:「心:酒豪の心得」「極:逆境の極み」

武器:不要 

防具:龍刺繍のシャツ
アクセサリー:ハイテクアーム
       :ハイテクレガース

アイテム:スタナミンスパークorスタナミンロイヤルorマダムテルカ 卵たっぷりバウムクーヘン
を持てるだけ。

・下手に武器を使って倒そうとすると、銃だと弾き返されて自分がダメージを受ける。刀などの回数制限のある武器だと、耐久値を10ずつくらい減らされすぐ壊れる為、基本的に秋山戦では武器不要。

・敵も技は秋山と同じ攻撃をしてくる。
フィニッシュブロウにガードブレイク特性があるので、ヒート状態で敵のコンボをガードした時には、ブレイクした瞬間に△ボタンを押すと簡単に「逆境の極み」を発動する事が出来る。

・敵が技を繰り出してきたタイミングで、スウェイで裏に回り込んで攻撃を当てるのが理想だが、カウンターをしてこないので、□連打後に△でガードブレイクをして数発叩き込むゴリ押しでも勝てる。
むしろ、こいつを倒せなかったら本編でも積むレベル。



バトル2 亜門次朗 vs 冴島大河


冴島基本データ:レベル20or限界突破が理想

・酔状態、タツヤ:グルメキング(体力2週目)

役に立つ技:「金剛の気位」

武器:不要

防具:龍のサラシ
アクセサリー:強力の軍手、鬼子母神のお守り(←なんでもいい)


アイテム:スタナミンスパークorスタナミンロイヤルorマダムテルカ 卵たっぷりバウムクーヘン
を持てるだけ。


・冴島戦は常にヒート状態で居れば「金剛の気位」で敵からの攻撃で怯まなくなる為、必ず修行でマスターしておくこと。

・あとは「金剛の気位」に頼りつつ、通常攻撃でゴリ押し。下手に極みを使わず、ヒート状態を維持している方が倒すのが楽かも。


バトル3 亜門三吾 vs 品田辰雄


品田基本データ:レベルは高ければ高いほど良い。得意な武器の熟練度を最大まで上げておく。

酔い状態、タツヤ:グルメキング(体力2週目)

役に立つ技:「酒豪の心得」

武器:(とても)丈夫なナイフ

防具:龍刺繍のシャツ
アクセサリー:ハイテクアーム
       :ハイテクレガース

アイテム:スタナミンスパークorスタナミンロイヤルorマダムテルカ 卵たっぷりバウムクーヘン
を持てるだけ。


・亜門の難所、品田戦。
武器が無いときついので、丈夫なナイフor刀or長い棒など耐久度∞なアイテムを多く装備していく。
中でも「とても丈夫なナイフ」がオススメ。攻撃のタイミングを見つつ、反撃していく。

・ある程度体力を削っていくと、亜門三吾がダウン属性のパラソルを取り出してくるのでそこで「龍刺繍のシャツ」が役に立つ。「龍刺繍のシャツ」はピヨリ耐性、電撃耐性が付くので、ダウンしにくくなる。ただし、ガード出来るならきちんとガードすること。

・さらに体力を削ると、三吾が空中に浮いて大量のパラソルを召喚して飛ばしてくる。
空中から降りてきたタイミングで、丈夫なナイフ装備品攻撃○ボタンを出し、突きを繰り出した後に飛んでくる、パラソルをガードする。あとはその繰り返しで撃破できる。


バトル4 亜門丈 vs 桐生一馬


桐生基本データ:レベル20以上。
すべての修行/IF8/タツヤなどをクリアし、最強の状態にしておくのが良い。

役に立つ技:「古牧流 受け流し」/「古牧流 虎落とし極」

武器:不要(←入れるくらいなら、一つでも多く回復アイテムを持っていく。)

装備:龍刺繍のシャツ
アクセサリー:ハイテクアーム/ハイテクレガース あるいは身代わり石


アイテム:スタナミンスパーク×15~6個


・今作、最強のボス亜門 丈。
ファイトスタイルは桐生と同じだが、全ての攻撃にガードブレイクが付くので、まともに戦おうとしても瞬殺される。

・亜門第一形態(オーラ無し)としては、ガードブレイクをされないので「弾き返し」に気を付けつつ、普通に攻撃をしていく。

・亜門第一形態(オーラ有り)になると、全ての攻撃にガードブレイク特性が付くのでガード不可。
ダウンしてもダウンリバーサルは使わない事。相手の「受け流し」でカウンターのカウンターを決められる為。

この段階で「虎落とし 極」「受け流し」が3回に1回は決まるように練習しておく。
無理に通常攻撃すると、逆に「虎落とし」を決められ体力が4分の1ぐらい削られてしまうので注意。


・亜門第二形態になると赤色のオーラ(怒龍の気位)をまといながらスウェイで桐生を追いかけてくる。無理に戦わずに逃げるべし。それに捕まりコンボを受けてしまうと体力が6~7割削られてしまうので、常に体力は7割以上残しておくように心がける。
避けるコツとしては、スウェイ2回分の距離を保ちつつ常に構えて敵を捉えながら移動する事。
目安としては亜門丈が左ジャブを繰り返してくる距離感を保つようにすると、攻め込まれる確率が減る。

・亜門の「怒龍の気位」が解けたら通常をしてくるので、攻撃のタイミングに合わせて「古牧流 受け流し」を決める。亜門がピヨるので、後ろに回り込んでコンボフィニッシュ。

「受け流し」より「虎落とし極」の方が一撃で体力を削れるが、タイミングが難しいのと決まった時に亜門が吹き飛ばないので、すぐにラッシュコンボを決められてしまうのでおススメしない。

・亜門第二形態終盤として、スウェイで追いかけてきた道が燃え始めるがスウェイを上記した方法で立ち向かえば、スウェイが出ないので安心&龍刺繍のシャツを着ていれば燃えても転がって操作不能にならなくなる。


・亜門最終段階では「怒龍の気位」+ダウン属性のパラソルを召喚して、逃げる桐生に打ち込んでくる。
下手に避けると、亜門との距離が縮んでしまったり伸びてしまったりと、コンボの餌食にされやすくなってしまうので、耐性のついた衣服を着ているのであれば、そのまま喰らってもたいしたダメージにはならないので、あえてパラソルのダメージを喰らうほうが楽。

もし「怒龍の気位」に捕まってしまったら、秋山のエアロストライクを亜門が出してくる前に脱出しよう。
それだけでも7割くらいのダメージを喰らう。
運が悪いと、怒龍発動前の亜門に倒される→怒龍発動→倒れた桐生に追い打ちの極み発動→起き上がった桐生にパラソル発射→そのまま怒龍の気位コンボで本日の10割を達成されるので注意。さすがにこの時はコントローラー投げたw

・ここまで来たら、あとは「古牧流 受け流し」の成功率とスタナミンスパークの残り本数で亜門丈が倒せるかどうか決まってくる。

一回でも多く受け流して、一回でも多く怒龍の気位に捕まらないように心がければ倒せる時も近い。


クリア特典でもらえる「亜門のサングラス」と「黄金銃」を装備すれば、雑魚は1発か2発で倒せるようになるので非常にサクサクストーリーが進む。



PREMIUM ADVENTUREで遥 vs 亜門乃亜の戦いもあるが、コマンドが若干難しくなっている程度なので、キチンとタフネスピンズなどバトルに応じたアイテムを付けてコマンド入力していればそれほど難しくは無い。

三代目2009年
ryuu3.jpg


桐生 VS 雷電

ビクトリーロード予選を秋山、冴島、品田、桐生で突破する。
桐生選択時に闘技場へ行くと坊主で顔に入れ墨が入った軍人風の雷電という男が居るので、話しかける。
その後、街中でイベント。桐生と決勝戦で戦う事を誓わせる。(詳しくは攻略サイト参照)

~攻略~

・亜門に比べると対した事無い敵の一人。
ただ異様に体力が多いので、倒すのに時間がかかる。

勝ち抜き戦なので、秋山、品田、冴島を倒した状態で雷電と戦う事になる為、あまりダメージを喰らい過ぎるとインターバルで体力が回復出来ず、苦戦を強いられることになるかも?


基本的には「虎落とし極」を連続で叩き込むか、「受け流し」でピヨらせて戦う戦法が全員に通じる
もし、体力が無ければ闘技場を逃げ回りながら、ゲージ赤点滅時に「朱雀の気位」でヒートゲージを地道に貯めて行って、「修羅の気位」で体力を回復すると長期戦も少し楽に戦える。

四代目2010年
ryyuu4.jpg

ULTIMATE BATTLES



クリア後のお楽しみ「ULTIMATE BATTLES」だが、この中で苦労したのは・・・


乱闘格闘 其の六 「最弱品田 武器の切り替えのみで敵を全滅せよ!」

究極格闘 其の四 「最強品田 すべての強敵を打倒せ!」

究極格闘 其の五 「最強桐生 同上」




まず乱闘格闘その六だが、とにかく時間が足りない・・・w

あまり攻略法は見つけられなかったが、刀→鉄パイプ→刀→鉄パイプと交互に繰り出していくと、広範囲に広がる刀攻撃と取り出しの早い鉄パイプなので、複数に当て易い。下ボタンでタバコを吸ってしまう凡ミスも抑えられる。最低、二人に攻撃が当たるように取り出すように心がける。


そして究極格闘其の四だが、カウンター技の無い品田が素手でボスと連戦するのは結構キツイ。

正確には品田には「俺流 流水の陣」という、敵の攻撃から掴みに転じるカウンター技があるのだが、すぐに振りほどかれて強敵相手には使い物にならない。

真鍋戦/大吾戦までは、相手の攻撃をスウェイでかわした直後にタイミングよく○で掴んで投げる戦法が通じるが、馬場ちゃん相手にはすぐに振りほどかれるので、地道にスライディングで体力を削っていく。
体力がピンチになったら、逃げ回って「修羅の気位」でしのいで何とかクリア。


そして究極格闘其の五だが、これは体力勝負になる。
強敵との10連戦。

釘原戦荻田戦はなるべくダメージを受けないように、虎落としで瞬殺する。投げ

大吾戦が屋上のステージなので狭くて技を躱しにくい。落ち着いて虎落としていくように心がける。
大吾が構えてる時は攻撃を仕掛けない。

勝矢戦はオーラを纏うまでは「虎落とし」と倒れたところに「追い打ちの極み」
オーラを纏うと怯みにくくなるので「受け流し」を狙って行く。

金井戦は攻撃までのタイミングが遅いので、虎落とし連続6発決めればノーダメージ。

真島戦はあたりで体力がだいぶ厳しくなっていく。基本的な戦い方は虎落とし受け流し狙いだが、ボタン入力を間違えて余計なダメージを喰らわない様に心がける。

品田戦はあえて椅子を取らせる。振り回したり投げたりするモーションを盗んで、裏に回り込んでコンボを決める。
武器を持っている品田には「自爆の極み」も使えるので利用していく。

秋山戦は受け流しと虎落としを決めるタイミングが難しいので、投げとスウェイを利用していく。
投げて追い打ちの極みを決めるか、秋山の最初の蹴りを避けて後ろに回り込みコンボ連打を決める。
それか普通に弾き返しからのコンボでもあり。


冴島戦はとにかく逃げる。
金剛の気位が決まった後の冴島にはどのコンボも喰らわせられない(反撃を受けやすい)ので、赤ゲージになったら逃げてヒートを貯める。逃げる桐生を冴島が追いかけてきて、攻撃をしようとしてきたタイミングで△極という表示が出ると思うので、そこでカウンター系の極を当て以後、逃げてはそれを繰り返して倒す。


相沢戦は楽勝。
モーションが遅いので、金井レベルに「虎落とし」「受け流し」が決めやすい。
あとは勝手にボタン入力で体力が削られていくので、自分の体力が少なければヒートゲージがある時に修羅の気位で回復しておくと、楽に戦える。

五代目2012年
ryuu5.jpg

スポンサーサイト

| ゲーム | 07:20 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://sekakoto.blog10.fc2.com/tb.php/177-f1df894e

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。