sekakotoの誰☆得ブログ♪

主にイベント関連の日記をUPしていきます♪

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

arobo & 紫外線除菌棒 (ヒャッハー!汚物は消毒編)

どうも。


アキと言えば、9月27日に発売されたランス01でようやく全てのCG回収を終えたsekakotoです。

ランス01 光をもとめて



でも、アキ・デルよりも

aki.jpg



パティ・ザ・サマーの方が好き。

pateli.jpg






そんなことはさておいて、aroboを買いに行った時もう一つ気になったモノがあった。


それはコレ「紫外線除菌棒 UV-C LIGHT」





使い方としてはその名の通り、強力な紫外線「UV-C」を本体(電池orコンセント)から照射し、アレルギーの原因となるダニやノミ、細菌、ウイルスなどをDNAから破壊し、除菌消臭を行うという物である。


UV-Cは地球に入る太陽光には含まれておらず、外に干しておくよりも除菌効果が高いというのがこの商品の売りである。



主に靴の消臭目的で購入を決めたが、これもまた効果が目に見える訳でもないのであやしく感じる。



値段としては自分が買ったドン・キホーテでは500円、メーカー販売希望価格が3500円前後、通販メーカーでは何故か6000円だったり、1万円を超えていたりとバラバラなのがまた胡散臭い。


大きさとしてはタテ530mm×ヨコ68mm×高さ57mm+重量:465gなのでデカいし重い。



次に照射時間だが、ものによって違う。

説明書によればキーボードなどの表面の除菌であれば1ヶ所20秒×広さ分

靴など菌の溜まりやすい場所では1ヶ所5分程度照射すると効果的に除菌出来るらしい


・・・が、デカいし重たいので非常にめんどくさい。

布団なども5分以上かけて除菌して歩かなければならないので、肩がこる。


靴なら本体を台の上に固定して、照射した方が楽だろう。



次に安全性に関して

「目や皮膚には直接、照射しないでください。」と書いてあるが、光沢がある家屋やコーティングされたキーボード、あるいは鏡に生えたカビなどに照射する場合どうしても光が反射してしまう。


殺菌効果の高いUV-C波は地球に入る時、オゾン層で消え地球に入って来れないらしいので、正直な所地球外の物質を人工的に作り出している事になる。

それを目や皮膚、体の粘膜などに微量ながらでも知らず知らずに照射しつづけたら、いったいどれほどの影響が出るのだろうか。

そこもまた使用上で注意が必要な点である。



じゃぁ、効き目は?

普段履いている靴の中敷きに片側づつ5分・10分・1時間と照射してみたが、5分程度ではあまり効き目が無く1時間で照射していない方の中敷きより、若干匂いが無くなったような気がする。

ちゃんと洗ってから照射すれば臭いも無くなると思うが、この装置だけでは無臭にする事は出来なかった。

除菌に関しては目に見えないので効いているかどうかは分からない。



じゃぁ何に使えるか?

人工的な紫外線照射装置といえば、ジョジョのシュトロハイムが使ってたな。

syutoro.jpg


でも、この紫外線除菌棒もって吸血鬼が倒せるかと言ったら、答えは「無駄無駄無駄無駄ァァァァ!」であろう。



総評すると・・・

500円だから買ったものの、効果が今一つ感じられない。

Amazonのレヴューを見る限りでは壊れやすく、耐久性も800時間程度との事なのであまり長持ちはしないようだ。


もしこの商品を買うのであれば、効果が出ればラッキー♪出なければゴミ箱へと、期待半分ノリ半分程度で買うのが良いだろう。



スポンサーサイト

| 日記 | 04:49 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://sekakoto.blog10.fc2.com/tb.php/190-804b7591

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。